「青春の詩」は、サミュエル・ウルマンによって書かれた不朽の名詩ですが、「青春の詩」は、戦後の日本人に勇気と希望を与え、高度経済成長の原動力の一つにもなったと言われています。

 サミュエルウルマンは、ユダヤ人でアメリカで活躍した実業家です。その当時、社会的弱者でもあった孤児、女性、黒人、労働者の救済運動に生涯を捧げた方だったそうです。この詩は、サミエルウルマンが80歳の誕生日に自費出版した詩集の中にあったものです。

青春
サミュエル・ウルマン 宇野収、作山宗久訳

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

皆さんは、「青春」ということをどのように理解しているでしょうか。多くの方々は、青春とは、人生のある期間を言うのだと思っているのではないでしょうか。

それもそうかもしれませんが、それによってもしもあなたが若い世代だけれど「希望」を持てないでいるとしたら、あなたは真実の意味で青春の時代を生きていると言えるでしょうか。

あるいは、もしもあなたが壮年や老年と言われる世代だけれど、「希望」を持って生きているとすれば、あなたは真実の意味で青春の時代を生きていると言えるのではないでしょうか。

その意味では、人生とは真実の希望を見つけるための旅であると言ってもよいでしょう。

希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。         ローマの信徒への手紙 5章5節